>レポート>マークシートを使った調査はプロに依頼してスムーズに導入

マークシートを使った調査はプロに依頼してスムーズに導入

記入する人

調査や試験を自動化しよう

アンケート調査や試験の解答方法がマークシートにマークすることが良くあります。試験やアンケートの採点や集計作業は手作業では大変効率が悪くなります。そこで、問題の選択肢を選ぶような形式で作成します。解答方法は選択肢をマークするようにします。解答用紙は自動で読み取りをするために専用用紙を用意します。調査や試験の終了後に解答用紙を回収し、読取機で用紙に記入されているマークを認識させます。マークを認識したらデータを集計する必要があります。そこで集計するデータを集計したソフトに読み込ませます。その上で集計結果は目的別の様式の帳票で出力またはディスプレイに表示されます。しかし、自社ですべてを揃えることはコストや時間の浪費になります。そこで、マークシートのシステムを専門で行っている業者へ委託することでコストと時間を削減し、迅速に出来上がったデータを手にすることができます。

オフィス

自動化のための注意点とは

マークシートを導入するために必要な物は用紙とそれの読取機と集計するためのソフトが必要になります。マークシート用紙は読み取りの精度が必要なので専用の物を用意します。読取機も専用機を用意します。集計作業を迅速にするには読み取りの精度の高さを追求しなければいけないからです。読み取りの精度が低いまたはエラーが多い状況になると、それだけでデータの正確性に疑義が生じます。その点は重要な注意点になります。自社で用意するには時間やコストがかかります。それらを削減するには業務委託をすることも選択肢に入ります。専門業者は依頼をすればシステムを円滑に運用することができ、システムに問題点があれば改善も提案してくれます。さらに、集計作業が円滑に進み、調査の精度の向上に繋がります。

広告募集中